学生の頃にやっておくべきこととは?

流行を追いかけたり、不要な物を購入しないで、大切なものにお金を使う

若い頃はファッションや友人との付き合いを考えて流行を追いかけたり、大して必要でない物を購入してしまったりしがちです。 こういったものは後になると不要になり捨ててしまったり、フリーマーケットに出してしまったりと何かと有益にはならない傾向にあります。 流行や不要な物は本当に欲しい物でも、大事なものでもないのです。 若い時にこういったことを知っておけば、流行を追いかけることや不要な物を購入することにストップがかかります。 早い時期に自分が本当は何が大事で何をお金を払って買うべきかをまず考えないといけません。 これは若い頃だからこそ、考えるべきことで歳を重ねてから考えても無駄なことです。 どんなに素晴らしい本でもそれを20歳で読んだ時と60歳で読んだ時では40年分の時間量の差があります。 若い時こそ、本当に大事なものにお金を払うべきです。世の中では対して重要でない物をあたかも必要な物のように見せていますが、 自分にとって大事なものと巡り会った時に、お金を使うべきなのです。

時間を短縮できる仕組みを使う

なぜ時間を短縮できる仕組みは大事なのかといえば、全ての人に共通していえることは「時間が同じ」ということです。 体感の時間の流れには個人差があっても1人あたり24時間というのは全ての人に共通していることです。 昔の言葉に「時は金なり」という諺がありますが、若い時の時間はさらに大事なものです。 頭が柔らかい20、30歳の時の時間はお年寄りの同じ時間とはやはり異なる物です。 若い人の方が情報の吸収力が良く、さらに未来に対する感性も優れています。 若い頃のこの時期は時間を確保してでも、時間を大事に使うことが人生を豊かにするために大事なことと言えます。 空いた時間では何をするか、といえば「自分にとって重要なこと」をするべきです。 自分が将来なりたいこと・自分が死ぬまでずっとやり抜きたいことなど若い時に見つけた希望に対して邁進することです。 こういったことをするためにそれほど必要ではないことに対しては時間を節約する方が賢明です。

具体的には?

若い人は身近なアイテムとしては「スマホアプリ」「クレジットカード」「代行サービス」など活用して下さい。 今はスマホアプリで多くのことにアクセスできます。昔だったら辞書で調べてことやそろばんで計算したことも今や簡単になりました。 キーボードで打たなくても音声で入力ができるほどの時代です。 クレジットカードや電子マネーも同じです。昔は切符を買っていましたが、今はカードで改札を抜けられます。カードによる支払い手段が確立しているのでこういったものを使うと良いでしょう。大学生でもクレジットカードや電子マネーは作ることができますから、若いうちから作ると良いかもしれません。特にクレジットカードは大学生になってから作る方が多いわけで、この機会に作っておくことがベストでしょう。 代行サービスとしても例えば、家事代行などがあります。自分が家事をする経験も若い頃には大事なことです。しかし、どうしても自分の時間が大事な時にはこういったサービスを利用して、空いた時間を自分の仕事や勉強に充てることも同じく大事なことです。

家族との時間を大切にする

家族との時間を大事にすることも若い頃には大事なことです。昔から「いつまでもいると思うな親と金」と言われますが、人生の中で両親と過ごせる時間は極僅かです。この記事によると、父親とは約3年、母親とは約8年ほどの時間しか一緒にいられません。高校や大学を卒業すると自宅を離れる若い人が多いので、家族でいられる時間は実は短いんです。 世の中で血がつながっている重要な家族と居られる時間は今現在も刻一刻と過ぎ去っています。歳を取る前に若い頃こそ、両親と一緒に居られる時間を大事にして下さい。特に20歳を超えている場合は、もう一緒に居られる時間はわずかです。

自分が本当にやりたいことをする

人生は一度きりです。だからこそ、自分が本当にやりたいと思ったことをやるべきです。やりたいことをやってきた人はスポーツ界や経済界にも成功する人間が多く居ます。もちろん成功の要素には様々なものもありますが、1つだけ言えることは自分がやりたいことをやった方が本人も気持ちが良いということです。本当は日本の教育も小さい時からそれを教えれば良いのですが、現状ではそうならずにやりたくないことをいかにやるかということを教えている気がします。

人生には取り返しのつかない失敗もありますが、そうでなければ立ち直ることも可能です。 特に若い頃はやり直しが効くものです。もし就職してから「自分がやりたいことはこれではない」と気づいたなら早く自分がやりたいと思ったことに舵を切る方が良いでしょう。もちろん経済的な理由等ですぐは動けないかもしれませんが、自分がやりたいと思えることに対して、人間は情熱を尽くすことができる生き物です。若い頃だからこそ、方向転換ができます。若い時の時間は「一生続けたいな」と思えること、途中で嫌になるかもしれまっせんが、そういったことをやるようにすると、人生が楽しく有意義なものになっていきます。